現代の陶工

清水六兵衛-きよみずろくべえ-

六兵衛窯は江戸後期(1771年)、初代清水六兵衛が京都・五条坂に開窯したのが始まりで、当代で八代目となります。開窯以来、各代の当主が各々の特質を家伝の上に活かして、京焼の本流たる名窯として確固たる地位を確立しています。

 

八代目 六兵衛

七代の長男として京都に生まれる。

1979年 早稲田大学理工学部建築学科卒業

1983年 朝日陶芸展83 グランプリ受賞

1986年 第14回中日国際陶芸展 外務大臣賞受賞、朝日陶芸展86 グランプリ受賞

1988年 京都市芸術新人賞 受賞、八木一夫賞88受賞、現代陶芸展 優秀賞受賞

1989年 八木一夫賞89受賞、現代陶芸展 読売賞受賞

1992年 第3回「次代を担う作家」展 大賞受賞

1993年 京都府文化賞 奨励賞受賞

東京国立近代美術館、大英博物館などに作品が所蔵される

国際陶芸アカデミー会員

2000年 清水六兵衛を襲名、日本陶磁器協会賞受賞

京都造形芸術大学教授

清水六兵衛作品集

Copyright © 2016 Taniguchi Seigado. All rights reserved. Designed byTrattoBrain.