京焼・清水焼について

京焼・清水焼の特徴

清水焼の手法は幅広く、陶工の数だけ種類があります。

清水焼には、土っぽい焼〆の陶器から、染付や色鮮やかな磁器のものまで清水焼の手法は幅が広く、正直言って一口にこれが特徴と言い難いところがあります。 と言うのも、京焼・清水焼は手法そのものより、それを作る陶工達によって支えられてきたものだからです。
 そういう意味では、京料理と似ているかもしれません。昔から原料が少ない(採れない)京都の地にあって、各地から入ってくる上質の材料をいかに加工するか、職人の技にかかっています。お公家さんやお茶人さんからの注文を受けて制作する多品種少量の受注生産体制をとっている為、陶工の数だけ種類があるといった感じです。

手作りならではの温かみ優しさを堪能してください。

 私たちが思う清水焼は、手作りのため、とっても軽くて、使い心地もいいものです。 手書きの図柄は印刷された安価な物にはない立体感があり、造作や図案も京都らしい趣があり、口元や高台の仕上げもさすが職人技!そして何よりも作り手のセンスや感性が醸しだす雰囲気、手作りならではの温かみや優しさ…そう言うものが良い清水焼の特徴だと思っています。そして、そう言うものを追求する為にも、当店では窯元や職人さんと直接話をして、共同による新しい清水焼の器作りを重要視しています。

 清水焼は長年使い込めば、味わいが出て、想い出も詰まります。持っていて生活が楽しくなる道具です。何百年と人の技と知恵が蓄積された工芸品のすばらしさ・美しさはあなたの生活を心豊かにする事をお約束します。

 京都にお越しの折には、是非当店にお立ち寄りになって本場の京焼・清水焼を堪能して下さい。

Copyright © 2016 Taniguchi Seigado. All rights reserved. Designed byTrattoBrain.